流行中の病気|保護者様へ現在流行している病気の紹介|こどもクリニック 友枝

  • HOME
  • 流行中の病気|保護者様へ現在流行している病気の紹介|こどもクリニック 友枝

令和4年11月4日更新

11月28日日~12月4日

11月21日~11月27日

11月14日~11月20日

感染性胃腸炎 6人 4人 7人
突発性発疹 1人 0人 3人
アデノウイルス感染症 0人 0人 0人
ヘルパンギーナ 4人 4人 3人
手足口病 2人 11人 7人
水痘 2人 1人 1人
新型コロナウイルス感染症

11人

22人 10人
  • 新型コロナウイルス感染症」は第8波に入り、今まで罹っていなかった人が罹り、少数ながら持続しています。子どもは、殆どが親からの感染ですが、園児同士の感染もあるようです。逆に親が子どもから感染するケースもありあります。保育園で同じクラス内での濃厚接触がなくても、熱が高い場合は、検査を受けた方がいいでしょう。
  • 学童保育・買い物・プール・塾・習い事・遊園地等で感染するケースもあります。
  • 子どもにとっては例え高熱が出ても、ほぼ2日以内で解熱し、特に恐れる程の病気ではありませんが、上記の場に出かける場合は、感染のリスクを織り込んだ上でお出かけ下さい。
  • 9月1日(木)から学校が始まり、児童・生徒どうしてうつし合って、再び増加に転ずる可能性もあります。引き続き、基本的な感染予防に努めて下さい。
  • 普段元気な子どもが重症化するケースはありません。桂麻ですぐに解熱し、元気になりますので、備えておくと安心です。小学生・中学生で、錠剤が飲めるなら、葛根湯の錠剤がお勧めです。但し、効かせる飲み方をする必要があります。ご来院の際に、丁寧にご案内致します。
  • 新型コロナウイルス感染症」等の病名をタップすると、関連するリンク先のページをご覧になれます。
  • それぞれの病気の症状・対処法などについては、本HPの「こどもの病気」のサイトもご参照下さいませ。