診療案内

診療案内

こどもクリニック友枝 診療理念

  • 1.患者および家族の気持ちを汲み取り、誠意を持って医療を行う。
  • 2.第一線の小児医療を担いつつ、地域に親しまれ、信頼される診療所を築いていく。
  • 3.医療人として社会に貢献できる歓びを感じつつ、切磋琢磨に努める。

小児科

小児科

子どもの健康とは、単に病気がないというだけでなく、肉体的・精神的な成長・発達が正常であり、さらに社会的にも安定し、健全でよい状態であるという意味をさします。
お子様の健康を保つサポートをしておりますので気になることがございましたら、何でもご相談ください。
また、当院では漢方治療を行っております。
発熱が続く場合などに、応じて血液検査を行い、迅速に(約4分程度で)結果を出します。
それを踏まえて、薬は抗生物質を処方すべきか、漢方薬を処方すべきかを明確に見分け、最適な治療を行います。

漢方小児科

漢方小児科

ウイルス性の風邪には抗生物質を使わない主義を貫き、漢方薬で効果的に治療します。
小児で漢方がよく使われる病気には

  • アトピー性皮膚炎
  • ウイルス性の風邪
  • 膿性鼻汁
  • 小児虚弱(カゼをひきやすい子)
  • 繰り返す中耳炎
  • 新生児の鼻閉
  • 長引く下痢
  • 心因性腹痛
  • 機能性腹痛
  • 水いぼ

などがあります。
風邪を漢方で治療するとほとんど1日で(遅くとも2日以内に)解熱します。
逆に、風邪の漢方薬を飲んで2日以上たっても解熱しない場合は、細菌感染が関与している可能性が高いので、必要に応じて血液検査を行い、必要であれば適宜抗生物質を処方します。風邪の80%はウイルス感染が原因ですので、熱が出ただけでいきなり抗生物質を処方するのは、適切なやり方ではありません。

インフルエンザを漢方で治療することも可能です。タミフルと比べて遜色ない効果を上げています。
「漢方薬がこんなに効くとは知りませんでした。びっくりしました」という言葉をよく耳にします。副作用を心配する必要がなく、タミフルが効きにくいB型インフルエンザにも有効です。

心療小児科

心療小児科

専属のメンタル心理カウンセラーが心因性の病気(心因性視覚障害、心因性腹痛など)を優しく癒します。

予防接種

予防接種

毎週(月曜日)~(金曜日)

  • Hib
  • 肺炎球菌
  • B型肝炎ワクチン:1歳未満無料
  • ロタウイルス:有料、ただし荒尾市・長洲町では一部助成あり
  • 4種混合(ジフテリア・百日咳・破傷風・ポリオ)
  • BCG(結核)
  • MR(はしか・風疹)
  • 水痘(水ぼうそう)
  • ムンプス(おたふく風邪):有料7,500円
  • 日本脳炎
  • DT 2種混合(ジフテリア・破傷風)
  • インフルエンザ:一部助成あり
  • 子宮頸がん
  • 不活化ポリオ
  • A型肝炎ワクチン:有料

各種予防接種を承っています。注射後は一般診療の患者さんとの接触を避けるため、予防接種待合室で待機していただき、状態に変化がないか様子を見ます。
この間に次回の予約をお取りします。

Hib・肺炎球菌ワクチンで、細菌性髄膜炎から子どもたちを守りましょう。
早い場合は、生後5ヶ月で罹ることもあります。命取りになったり、助かっても後遺症の残ることが多い病気です。生後2ヶ月から接種可能です。早めの接種をお勧めします。

予防接種のご予約はお電話でも承っております

予防接種のご予約はお電話でも承っております

予防接種過誤を防ぐため、以下の点を確認いたします。
母子手帳をお手元においてお電話ください。

確認事項:
ご住所、お名前、ご希望のワクチン、体調、最後に接種したワクチンと接種日